MENU

神奈川のペニス増大クリニック/病院人気ランキング

ペニス増大手術をするメリットとデメリット

ペニス増大手術は亀頭部分に注射剤を注入する事で、亀頭を大きくする手術になります。注射剤を注入する方法は、神奈川県のクリニックでも注射剤が体内に吸収されるタイプと注射剤が半永続的に残るタイプがあります。体内に吸収するタイプの注射剤はヒアルロン酸を使用していて、半永続的に残るタイプはアクアミドやバイオアルカミドを使用しています。体内に吸収されるタイプのメリットは、もともと体内に存在するヒアルロン酸を注入するので、人体にとって極めて安全です。費用も半永続的に残るタイプより安く済むこともメリットになります。そして、禁欲生活がペニス増大手術を行なってから3日間くらいと短いこともメリットになります。ただヒアルロン酸は少しずつ体内に吸収されるために、効果が半年から一年ほどしか持たないことがデメリットになります。半永続的に残るタイプのメリットは、亀頭の増大効果が続くので何回もペニス増大手術を受ける必要がないことです。ただその分費用が高くなるのがデメリットにもなります。
禁欲期間もペニス増大手術を行なってから2・3週間になってしまうこともデメリットになります。それからどの方法で行うにしても亀頭の感度が下がるために、遅漏傾向になります。早漏の人はメリットになりますが、そうでない人にとってはデメリットにもなり得ます。そしてペニス増大手術を受けることで仮性包茎の改善になり、その結果自信にも繋がっていきます。ただクリニックによってはペニス増大手術後も酷い痛みが続いたり、内出血やアレルギーが出たりするトラブルが発生することがあります。そのようなことにならないために、実績が豊富で信頼できる神奈川県にもある専門クリニックの無料カウンセリングを受けることがお勧めです。